一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
サグラダファミリアの中でスケッチを始めると、実に多くの人に声をかけられる。調子に乗ってアイムジャパニーズペインターなんていったらちょっとした人だかりができたくらいに。そこは教会の内部というよりは木々の間に佇んでいるような感覚で、完成が想像できなかった。目を閉じて、あるだけの想像力を掻き集めて、少しだけ描く。その行程を何度も何度も繰り返す。周りに人がいなくなるまで、時間が経つのも忘れてその空間に夢中になっていた。


受難の門を出ると、辺りはすっかり暗くなっている。コンサートは11時からなので、メトロを使ってランブラスの近くまで移動。駅を出ると、街はもう夜の顔。日中とはまた違うギラギラしたエネルギーに溢れて、街と人が不思議な感覚を共有していた。ランブラスから通りに入って、さらに細い通りへと抜ける。教会へと続く道では黒人に囲まれそうになり、小走りで駆けた。





普段見ることのない、夜の教会のステンドグラス。内側からの温かい光に照らされたそれは、言い表すことが出来ないくらい美しい。教会の前にはマルコのギターを待つ人々で溢れていた。日本語が少しだけ話せる中東の青年からチケットを買い、ゆっくりと門をくぐる。期待感に胸を膨らませた人々が、思い思いの席に座ってゆく。地元の人がほとんどで、観光客らしい人はほとんど見かけなかった。


教会の丸天井は、一つ一つ紡がれた音色をやさしく編んで夜に溶かしてゆく。開演の合図からずっと、見知らぬ人の笑顔が空間に溢れている。穏やかに、決して急ぐことなく、内側の宇宙へと染み込んでゆく。いつの間にか立ち上がって拍手をしていた。


マルコと握手をして教会を出た後も、宿に戻る気にはなれなかった。とりあえず朝から何も口にしていなかったので大通りでパエリアを注文する。通りの真ん中の席、大道芸人たちが踊っている。ワインは美味しかったけれど、やっぱりパエリアは塩辛い。


食事を終えランブラスを終わりまで進むと、港が見えた。小さな魚が群れをなして泳ぎ、得体の知れないゴミがそれを彩っている。前の日に泳いだ地中海のビーチとは違って、どこかもの悲しい。その感覚は夜の終わりを告げ、朝が近づくにつれて次第にその熱気を失う街を通り抜けて狭いベッドに戻った。
| すペいん | 22:09 | comments(2) | trackbacks(0)
| - | 22:09 | - | -
COMMENT
コメントありがとうございます!またちょこちょこのぞいてみてください!
| chai | 2007/05/08 9:42 PM |
ブログもちょく頑張って!!
| BONYA | 2007/05/08 7:57 AM |
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
ハロー 時々文章書きたくなって、ブログしてます。暇だったらよろしくー
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LIFE STRIPE
OTHERS